随時募集:インタビューセッションのお知らせ

インタビューセッションとは?

インタビューセッションは「自分が何者であるか?」を純粋に探求する時間です。性格診断や星占い、ヒーリング、人によってはカウンセリングも含めて「自分が何者であるか」について、誰かに規定してもらうことを当然のように受け入れる風潮があります。もちろん他者を通じて自身を知る手がかりになる場合もあります。

インタビューセッションは「あなたは実は◯◯な人だ」といった名付けはしません。問題の解決や正しい答えを述べることもなく、良し悪しのジャッジもしません。

ただ、ご自身が「何者であるか」「何がしたいのか」に至る道を照らす質問をします。あくまで自分の隠された意図、必要な決断をしてもらうためのガイドをします。

日頃、人に対する気遣いに忙しく、顔色を読むことに集中しているせいか、「自分が何がしたいのか」について丁寧な問いかけをする機会をもてなかったり、またどういう問いかけをしていいかわからない人も多いと思います。

そうした素直な問いを阻むのは、自分の育てて来た信念や価値観だったりします。確かにそれらは生きる上で大事なものです。その人なりの経験の中だえ培ってきたものです。

と同時に、それらがあるからうまくいかないことが日常では起きます。人間関係がうまくいかず、やりたいことが空転するような葛藤を覚えます。

そこで問題解決をしようとすると、今の自分を否定するか。理想の自分になろうとする努力が必要になってきます。今の自分以上の何者にもなれないのに、違う人物になろうとする試みは、解決とほど遠い回り道ではないでしょうか。

うまくいかないことは、うまくいかないだけの理由があります。そうせざるをえない自分の内にある言い分に耳を傾ける必要があります。内側の自分と話すことで光明が見えてくるかもしれせん。

インタビューセッションは他人が提供する価値観や信念や思想に感化される以前の自分の声を知るきっかけになるのではないかと思います。

インタビューセッションではありませんが、参考までに。写真家の石川竜一さんへのインタビューの模様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

★こんな方におすすめです。
・自分の話したいことややりたいことの核が見えない。
・自身が体験したことの整理がつかない。
・深く潜るような話をしたいけれど、なかなか話す機会もなく、身近な人にきてもらえない。

★体験者の感想

「『話を聞いてもらうことは、こんなに心地が良いことなんだ』と、驚きました。聞いてもらいたいことが溢れて、それを言葉に込めきれなくても、気にせず話し続けました。どんなに話があちこちに飛んでも、筋が通っていなくても、私自身の感覚を一貫して聞いてもらっていると感じました。
自分の思いや考えが全然ないことがコンプレックスだったのですが、なかった訳ではなく、ただ無視していただけだったことに気が付きました。常にある自分の思いを『これではない』と見えなくしていたんだと思います。
インタビューセッション中は、自分の中に浮かんでくるすべてが信じられました。言葉を迷わず口に出せました。恐れや『こうありたい』というような自分の理想が入り込む余地がなかったです。
言葉にすることが追いつかずに支離滅裂になっている時も、感覚が言葉として現れるまで時間がかかっていた時も、ずっと幸福な気持ちでいました。セッション後は、体の動きのぎこちなさが消えていたことが印象的でした」

「インタビューされているというよりは、興奮して自分語りに陥っているだけの私でしたが、ひと息おいた合間合間に、「溢れ出した感情の“核心”がなんのか?を導き出すような質問が入り、ぐるぐるの回廊にあった思考と感情がその都度、新たな活路を示され流れ出すようでした。
話に夢中になるこちらに対して、とりわけ線を引くわけでもなく、でも軸をぶらさずに時折ご自分の心象風景なども交えながら耳を傾けてくれました。優れた聞き手に聞いてもらうインタビューというのは、ただの自分の歴史の回想に終わるのではありません。
新たな問いや視点が芽生え、インタビューされる以前より少し前向きになった時間の流れを自分のなかに感じている只今です」

「インタビューされているというよりは興奮して自分語りに陥っているだけの私でしたが、ひと息おいた合間合間に、溢れ出した感情の核心がなんなのか?を導き出すような質問が入り、ぐるぐるの回廊にあった思考と感情がその都度、新たな活路を示され流れ出すようでした。

 話しに夢中になるこちらに対してとりわけ線を引くわけでもなく、でも軸をぶらさずに時折ご自分の心象風景なども交えながら耳を傾けてくれました。優れた聞き手に聞いてもらうインタビューというのは、ただの自分の歴史の回想に終わるのではありません。新たな問いや視点が芽生え、インタビューされる以前より少し前向きになった時間の流れを自分のなかに感じている只今です」

「状況と自分のことを見られる場所にたどり着けたような気持ちになりました」

「セッション後、ゆっくりと裡側で変化が起こり、かたく握りしめていたものを手放せることに驚きと言葉に表せない不思議な感覚に包まれています。やりとりを通して正誤も善い悪いもなく起きたことを起きたまま観るという『何か』を顕していただけたと感じています」

「会話でいろいろなことに気づけたことももちろんですが、真剣に話をすること自体がおもしろく、終わった後、健やかな気分になれました」

 

 

<以下、これまでにいただいた質問です>

★インタビューセッションに興味はあるけれど、何をやっているかわかりません。教えてください。

さしあたってセッションを受けたらどうなるのか?という結果から言えば、「本人が自分で何かを見出す」ことになります。そのためのガイドをするという感じです。

話したいことを話してもらうので、それに沿った最小限の質問しかしません。良し悪しのジャッジもしません。問答の中で気づいたことを持ち帰っていただく感じです。
人によっては「マインドデトックス」のようなものとして感じられるかもしれません。

 

★どういった人がこれまで受けていますか?

女性が9割を占めています。みなさん最初は「何を話していいかわかりません」と言われます。けれども実際は、滑らかでなくても非常に豊かな言葉を持っていることが多いです。

これはセックスではなくジェンダーの問題だと思います。と言うのも、私たちの生きるこの社会は、どちらかと言えば成人で健常者、異性愛者の男性向きに作られています。女性は社会に出るにあたって、何らかの断念をせざるをえない経験をします。ルールが男性向けに設定されているからです。

あくまで一般的な傾向ではありますが、男性にとっては社会に参入するとは、キャリアなり知識なりの何かを獲得していく、あるいは役割を果たすことを意味しており、そこにはある種の単純さがあります。そのため話す言語も社会に寄せたものが多いと言えます。

女性の場合はマイノリティの感覚を持っているため、社会の提供する価値観と自分として生きる間に隔たりがあるのを理解しています。けれども、その違和感はすでにある社会の形からはみ出すため、そのままを口にすると「論理的ではない」「具体的ではない」という言い方で消去されがちです。そうなると自分の感覚や言いたいことに価値を置けなくなります。

しかし、それはその人独自の体験とそこから得た文法を持っているからこそ起きる現象ではないかと思います。彼女たちの言う「何を話していいかわからない」とは、既存の枠組みに当てはまらない話を豊かに持っている証だと私は感じています。

 

★セッションの流れ

お話したいテーマをお聞きします。まとまって言おうとせずとも結構ですので、思うままにお話ください。なおセッションの内容は録音いたしますのでご承知ください。文書化を必要とされない場合は、希望された方には録音データをお送りします。

★日時と場所について

大まかに午前と午後に分けています。ご希望の時間をお知らせください。調整の上、ご返信します。
なお場所は主に吉祥寺のマンションのレンタルスペースを利用しています。閉塞した空間を避けたい場合はご相談ください。

★申込先
問い合わせよりご連絡ください。

【今後の予定】

<東京>
5月
10日:12時から17時
13日:9時から19時くらいまで
24日15時から21時くらいまで。
27日:9時から19時くらいまで
28日:9時から19時くらいまで

※基本的には東京近郊で行っていますが、地方にお住いの方も打診いただければ伺うようにしています。なお現在、長野に在住しています。

【料金】
個人の場合:90分:2万円
ペアの場合:90分:2万5000円
文書化は別途1万円いただきます。

 

★なお当日連絡なくキャンセルされた場合は全額お支払いいただきます。