巻頭言

名もなき徒輩が身の丈を超えて、当世流行のセルフブランディングなぞを行おうというのが当初の試みでした。
その蛮勇さはどこから来たかといえば、現状の出版界のスケールの中に収まって仕事をしていては、いずれ袋小路に陥るという考えがあったからです。

しかし、いまは自分一個のたつきを考えるだけではない、大言壮語すれば、生き方の可能性を粘り強く考え、探るサイトとしてスタートしたいと思っています。

2011年3月11日を境に、これまでの日常を支えていた確からしさが崩れ落ちて行くさまを目の当たりにしました。この先も意識の及ばないところで、さまざまな変化が起こるのではないか。そんな予感を抱いています。

変容の全貌はうかがえません。しかし、確実にこれからは「今まで通り」の暮らしはできなくなるでしょう。働くこと生きること。それぞれが模索しなくてはならない時代の到来を誰しもどこかで感じているはずです。

私の関わっている出版メディアも従来のような苦境への弥縫策では間に合わない、これまでの物差しがあまり役立たない領域に差し掛かっていくと思われます。
そのような事態を迎えるのは出版界に限らないでしょう。いずれにしても生の様式が変わらざるをえません。

大海原をどう乗り切ればよいか。喫緊の課題であっても誰も経験したことがない。そこに正解を求めても、そもそも手に入りはしないでしょう。

指標はない。ただ、ひとつ確かなことは、人が生きている空間は、人の思惑で構成された現実より広大だということです。
既成の思惑を寄せ集め、その辻褄を合わせて解答を算出してもいっそう迷うか、あるいは答めいた答が得られるだけでしょう。それは星を見ることなく、星を指さす手の角度をあれこれ吟味することにも似ています。
必要なのは、かつて船乗りが北極星に導かれたような星の航海術かもしれません。未知への船出を可能にする術。

一寸先は闇というとき、闇は未知であり、恐怖の対象です。けれども既知に頼るから未知がいたずらに怖くなるのかもしれません。

暗闇の中に放り込まれると、人は誰に教わらずとも腰を屈め、手を前に伸ばします。未知の域にさしかかるとき、人は既知に頼らずとも身体の形態を自然と変え、手に触れる初めてのものを通じ、世界を知ろうとします。そのとき知は真に世界と等しくなる。

恐る恐るの歩みの中であっても、何か新しいことを始める中で開ける風景があるはず。その可能性を信じたい。このサイトもそういう試みでありたいと思います。

2011年5月
尹雄大

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone